別府は高齢化?風俗嬢の年齢

風俗嬢の年齢は現在、とても幅広いです。

店舗型が多いですが若いお姉さんもいますし、小娘には決して真似出来ない妖艶な色気を放ちながら成熟したテクニックを披露する熟女などもいるのです。

ですが基本的に風俗店に通う男性は二十歳代の女性を好む傾向にあります。

もちろん熟女を売りにした風俗店もありますが、体力的なこともあるので風俗の仕事は長く続けることは難しいでしょう。

今回は【風俗嬢の年齢】についてご紹介します。

■高齢になっても風俗の仕事をしている女性はいます。

別府の風俗街でも60歳をオーバーするような女性もいます。

最近は男性の高齢者も元気でエッチをしたいのです。

中には80歳を越える女性も風俗で稼いでいたりします。

性癖は人それぞれなのでしょ。

ですがこれはレアケースです。

それに、高齢でも風俗で働かなければならない事情の女性もいるでしょう。

【こちらも参考に】・・・“熟女”風俗嬢のリアルと貧困 – 日刊サイゾー

女性自身が「まだまだ働きたい」と思っていても普通は女性の年齢が上がるにつれてニーズは減少してきます。

高齢女性を求める男性のニーズは加齢とともに少なくなっていると考えたほうがいいでしょう。

供給過多になります。

熟女でもスタイル抜群だとかまれに見る美人だとか特徴がないとお客さまはつきません。

年齢の限界としたらまあ五十路まででしょう。

実際に風俗嬢をしているお姉さんに話を聞いても20代後半から30になったタイミングでニーズが下がってきていることは実感しているみたいです。

30歳と50歳がターニングポイントと考えてみたいです。

コメントは受け付けていません。