風俗嬢の賞味期限・見た目と体力の限界

ボクは大分県別府市に在住の26歳会社員です。

風俗がだぁ〜い好きでソープランドやファッションヘルスに結構お金を使っています。

他の都市と比べると風俗が充実しているのが別府の良いところです。

実家は大阪なのですが大学が別府だったのです。

卒業したら大阪に帰るのが本当でしょうが、大阪にはソープランドがありません。

だから就職も別府の企業にしたのです。

風俗の仕事は決して楽ではありません。

体力勝負なところがあります。

今回は【風俗嬢の賞味期限・見た目と体力の限界】についてまとめておきましょう。

■風俗嬢として仕事をする場合に必要な要素があります。

それが「見た目」と「体力」です。

実年齢が上がってきてもルックスが年齢より若く見えれば問題ないです。

美魔女ですね。

それならば風俗嬢としても仕事はできるでしょう。

女性が50歳代でも40歳代に見えればバリバリ男性を勃起させることは可能です。

親しくなったソープ嬢のお姉さんに聞いてみたらいろいろ生きた話がきけます。

一度射精して二回戦に入るまでは、どうしても世間話になって興味深い裏情報が聞けるのです。

若さを保つために毎日の美容ケアは欠かせないみたいです。

そして見た目の限界だけでなく体力の限界もあります。

特にソープランドはマットプレイが重労働です。

風俗嬢の仕事は精神的にも体力的にも負担がかかります。

見た目で仕事ができたとしても体力がついていかないと引退になります。

ソープランド時代にエステティシャンの資格をとって性感回春マッサージにシフトするお姉さんも少なくないです。

コメントは受け付けていません。