風俗嬢が自分の限界を見極めるとき

大分県の別府は風俗も盛んです。

ボクが通っている別府の風俗嬢の年齢層も幅広いです。

一度風俗に足を踏み入れると中々抜けられないと言います。

年齢に応じてジャンルを渡りあるく風俗嬢が多いみたいです。

今回は【風俗嬢が自分の限界を見極めるとき】についてまとめておきましょう。

■女性によって体力が違いますが肉体的なプリエが要求されるのがファッションヘルス・ピンクサロン・ソープランドです。

「しんどいな!」と感じた風俗嬢はキャバクラ嬢へ転職することも多いです。

キャバクラの場合はトーク術で男性を楽しませることがメインになります。

高齢になっても働きやすい特徴があります。

別にキャバクラだけではないです。

40歳になっても風俗の仕事をしたい女性は熟女キャバクラ以外にもデブ・ブス・ババアと地雷嬢を集めた専門店で仕事をすることもあります。

マニアックな変態店舗ですが、一定のニーズがあるのです。

風俗嬢は外見と体力の両面から自分の限界を見極めることが大切なのです。

◆◇参照◇◆・・・http://news.biglobe.ne.jp/trend/0311/mes_160311_9436606701.html

働く店舗も年齢に応じて代えることを検討しましょう。

風俗は競争率が激化しています。

若い女性でも生活が厳しくなるほど収入がダウンすることもあります。

高齢になれば尚更です。

だから積極的に今後のキャリアをどうするのかを考えることが大切になってきます。

一般的には風俗のお姉さんの賞味期限は30歳代でしょう。

40歳になってくるとボディラインもお手入れしていても崩壊してきます。

将来を見据えながら風俗の仕事をすることが大切ではないでしょうか?

コメントは受け付けていません。